catch-img

プライバシー重視の中庭がある家【間取り実例紹介】

中庭があると、光がたくさん取り込めるし、夏にはプールしたり子供たちを遊ばせてあげられて、夫婦で夜風にあたったりできたりと、メリットがたくさんあるので欲しいな~!と思っているママも多いのではないでしょうか。

ですが一番気になるのは「プライバシー」お隣さんから丸見えだったり、道路に面していると折角の中庭でも家の中にいるような恰好では出れないですよね。なので今回はプライバシーを重視した中庭を建てた和歌山・泉州エリアの先輩ママの実例をご紹介いたします♪


目次[非表示]

  1. 1.中庭を4方向全て壁にしちゃう!
  2. 2.手前にガレージを設置する事で視線を遮断
  3. 3.ガレージの壁を活用する!
  4. 4.中庭を2階にしちゃう!
  5. 5.まとめ


中庭を4方向全て壁にしちゃう!

こちらのおうちでは4方向全て壁にしてプライバシーを確保。上を吹き抜けにして、道路に面している部分以外には大きな窓を設置して風の通り道や採光を確保し、圧迫感のない空間にしています。

玄関に中庭に面する大きな窓を設置する事で玄関はいつも明るく、おしゃれな雰囲気に仕上がっていますね!




手前にガレージを設置する事で視線を遮断


プライバシーを確保しつつ光や風を取り入れたい!という方は中庭の壁にすのこを採用する方も多いのではないでしょうか。それでも隙間から目線が気になったりしちゃう…という方はその壁の前に駐車場を設置するのがおすすめです!

車とすのこの壁で視線をカットしているので、気にせずプライベート空間として使用できちゃいますね!


ガレージの壁を活用する!

せっかくの中庭だから壁はやっぱり狭く感じてしまう・・・という方はこちら!中庭の奥にガレージを設置することでプライベートも確保しつつ、解放感も味わえますよ。

中庭に続く大きな窓も、しっかりプライベートを確保できているからカーテンが無くても大丈夫!お庭で遊んでいる子供をリビングから見守れますね♪



中庭を2階にしちゃう!

1階だとどうしても、通行している方や車と目線の高さが一緒になってしまうのであえて中庭空間を2階にもっていくことでプライベートを確保♪防犯の面でも安心ですよね。

中庭空間に繋がる部分はほとんどがガラス張りや吹き抜けになっているので沢山の光と風がお家の中に届きます。




まとめ

いかがでしたでしょうか。「プライベートを重視した中庭」。おうちだけでなく外構の目隠し壁を建物と合わせて中庭のデザインを考えることで、様々な中庭が実現しそうですね。
中庭をつくったのものの、思った以上に視線が気になって使えない!という勿体ない事にならないように、注文住宅を建てる際は工務店さんに相談してみて下さいね♪施工実績などを聞いてみるのもポイントです♪どんな中庭がいいのか、何を重視したいのかなどしっかり希望を伝えてみてくださいね!



【記事作成/つー。】PROFILE:やんちゃ盛りの男の子のママ。我が家はどんな風にしようかな♪と、見てるとわくわくする記事を提供していけたらいいな~と思っています。 あ

おすまみ編集部1

おすまみ編集部1

物件一覧

新築記事

注目タグ