catch-img

45坪に建てる一戸建ての間取り5選

一戸建てを建てる土地は45坪に決めた!お家は注文住宅に決めた!と、ちゃくちゃくとお家づくりを進めているとグッと立ち止まってしまうのが間取り。


注文住宅で一戸建てを建てるとなると色々と自由に決められるので、自由な分、迷いも増えますよね。
収納スペースはどうしよう?収納スペースは?リビングはどうレイアウトしよう?などなど。


なので今回は泉州・和歌山の工務店で注文住宅を建てた先輩ママの45坪で建てたお家の間取りをご紹介します!


目次[非表示]

  1. 1.45坪ってどれくらい?
  2. 2.注文住宅で建てた45坪の間取り
  3. 3.まとめ





45坪ってどれくらい?

45坪とは約149㎡(平米)、およそ畳90枚分のスペースです。


「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」において、「1辺を6尺(約1.818m)とする正方形」が1坪と定められているので、1坪は約3.3㎡、畳だと2枚分です。
※1畳=1.62㎡


なんだかとっても広いということはわかるのですが、㎡(平米)ってあまり馴染みがなくあまり具体的に想像できない。という方もいるのではないでしょうか。
1㎡(平米)とは、縦1m×横1mの正方形の面積と同じです。
例えば、縦5m×横6mの土地だと30㎡となります。なので正方形の45坪の場合は約、横12.2m×縦12.2mとなります。





注文住宅で建てた45坪の間取り

どんな間取りにしたらわからない!!という時はやっぱり参考になるのが先輩ママ達が建てた間取り。
間取りを決めるのに優先するのは家事動線だったり、部屋の広さだったりと色々ですが、間取りを見ることで新たな発見があるかも!

では、実際に泉州・和歌山地域で建てた先輩ママの45坪のおうちの間取りを見ていきましょう!



夫婦+子ども2人にピッタリの間取り


[和歌山市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!]


  • 敷地面積:145.64㎡(約44.05坪)
  • 延床面積:109.87㎡(約33.23坪)
  • 1階延床面積:61.69㎡
  • 2階延床面積:48.18㎡ 

2階には7畳の主寝室と、6畳の子ども部屋2つの3LDKの間取り。
リビング行くまでに階段を配置することで、いつも仕事で忙しくてリビングの荷物を片付けきれてないママでも、急に子どものお友達が来ても安心ですね!


\\和歌山市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!//

  子育て世代の“欲しい” がいっぱい! 備えておきたい地震対策も万全な安心住宅 子育て世代注目のエリアにある「紀州国土建設のふじと台モデルハウス」。今までに同社で建築した先輩家族たちの「採用してよかった」アイデアを反映して建てられたといいます。そんなモデルハウスの見学に、マイホーム検討中の外川さんの胸は高鳴ります。 「収納が多く、ママ目線の家事動線など見どころいっぱいです」というスタッフの荻野さんの第一声から始まり、室内に。やわらかな触感の無垢の床材が、廊下、リビングへと続いていきます。正面の真っ白な壁面の中にしつらえた、床材と同じ色調の板がアクセントとなり、部屋全体にスタイリッシュな印象を感じます。ひとつひとつがお客様の声から生まれた、『こだわりの収納・キッチン・水周り』リビングに造作した飾り棚に、本やおもちゃなど散らかりがちなものをしまっておけると聞き「すっきりした空間が保てそう」と家族団らんを想像しながらニコニコ顔の外川さん。さらに、こちらのモデルハウスの一番の売りが「安心と安全」。耐震・制震・免震の3つを備えた「三防震の家」と説明を受けたところ、「いちばん気になる点です!」と真剣な表情に。快適に住まうことはもちろん、大切な家族のために地震対策は最優先にしたい、と耳を傾けていた外川さんでした。 おすまみ.com






家族の気配が感じられる間取り


[和歌山市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!]

  • 敷地面積:156.51㎡(47.34坪)
  • 延床面積:107.66㎡(32.57坪)
  • 1階延床面積:57.97㎡(17.54坪)
  • 2階延床面積:49.69㎡(15.03坪)

https://www.osumami.com/blog/hanamaru/20190315-02
子ども部屋はあえて狭くして、部屋にこもらずに子どもがいくつになってもいつもリビングに集まる間取り。
リビングには風の通り道になる大きな窓や、採光をたくさん取り入れられる吹き抜けがあり居心地のいい空間になっています。


\\和歌山市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!//

  ダイニングからテレビを遠ざけ 食事中は家族の絆を深める時間に 家中の空気の流れを有効に利用して一年中快適な住まい環境づくりにこだわった住まいです。リビング上の吹き抜けは開放感たっぷり。梁に設置した照明で間接的に光が広がります。ご夫婦おふたりともとてもセンスが良く、娘さんもとってもかわいく毎回とても楽しく打ち合わせをさせていただきました。当社では、小さな子どもさん連れの方が多いので打ち合わせなどもあまり長時間にならないよう、来てくれるのを楽しみにしてもらえるよう心掛けています。家族が安心して健康に幸せに暮らせる、身体に優しい家をつくるためにひとつひとつの素材・仕様にこだわり、日本の風土に適合した在来軸組み工法(木造在来)を推奨し、柱・土台とも国産天然の木材を厳選。丈夫で長持ちする構造でなおかつ快適な生活を送ることができるよう努めています。ライフスタイルや家族構成、敷地条件に合わせてご要望にお応えします。 おすまみ.com





生活動線にこだわった間取り


[岸和田市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!]

  • 敷地面積:150.10㎡(45.40坪)
  • 延床面積:129.17㎡(39.07坪)
  • 1階延床面積:67.49㎡(20.42坪)
  • 2階延床面積:56.72㎡(17.16坪)


玄関からの動線が自宅で経営しているエステサロンと居住スペースがかぶらないようになっている間取り。
お家からも、サロンからもトイレ・洗面が使いやすい動線になっていたり、家事をしながら仕事も出来るよう、キッチン横にはPCが扱えるワークスペースなどママのこだわりがたくさん詰まっています♪


\\岸和田市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!//

  自宅でサロンを営むママの夢を叶える 生活動線にこだわった自慢の我が家。 エステサロンを自宅で営むSさん邸は玄関からお客様が通る動線と家族が暮らす生活の動線を切り分けた間取りとなっています。「お客さんを招き入れる玄関、洗面には特に気を使っていますね」。まるでホテルのように整頓された空間に担当の高谷さんも「1年経ってもモデルハウスのように綺麗にしてくれていて、嬉しい限りです」とにっこり。ご夫婦がさくら不動産に依頼した決め手は何よりもその人柄。「最初から全然営業感がなくて、安心してじっくり考えることができました」と信頼関係の高さが伝わってきました。 家を建て始めてからはご主人が一番の要望でもあったスケルトン階段を見に「いつできあがりますか?」とワクワクして毎日通うほど楽しみにしていたそう。奥様がこだわったのはキッチン廻りの動線。家事をしつつ、仕事も出来るようにキッチン横にはPCが扱えるワークスペース。LDKは対面式キッチンから部屋全体が見渡せる設計です。 「大きなスケルトン階段や、広い屋上ガーデンなど理想のお家作りができました」と笑顔がこぼれるご夫婦。「分譲地なのでご近所にも素敵なおうちがどんどん建っていくのも楽しみのひとつです」と街をデザインするプレミアムガーデンならではの楽しみ方もあるようです。 おすまみ.com




いつも顔を合わせられる間取り


[和歌山市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!]

  • 敷地面積:155.23㎡(46.96坪)
  • 延床面積:105.9968㎡(32.064坪)
  • 1階延床面積:53.8265㎡(16.28坪)
  • 2階延床面積:52.1703㎡(15.78坪)


扉をあまり設置せず、R型のアーチを造作することで圧迫感もなく仕切っています。
1階のリビングはワンフロアですが、ママはキッチンで、パパはデスクで、などとそれぞれ違うことをしていても家族の気配を感じられるような間取りになっています。


\\和歌山市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!//

  かわいいだけじゃない! 暮らしやすさも満点のおうち。 無垢の木が気持ちいい「無垢スタイル」、丈夫で機能的な住まい「シンプルスタイル」に続き、2019年7月、新たなシリーズとして「ママスタイル」が誕生しました。家族の安心と健康、身体にやさしい家づくりで、長期優良住宅・耐震等級3と制振装置という安全仕様はもちろんのこと、今まで弊社で家を建てた先輩女性たちの声を活かした住み心地のよい「かわいい」家です。広いリビングやたっぷりの収納、雨でも心配なしの物干しスペースなど見どころもいっぱいです。資金計画も含め、安心のサポート体制も万全。モデルハウスお見学は予約制で随時受け付けています。気軽にお問い合わせください。 おすまみ.com





水回りをすべて2階にした間取り


[和泉市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!]

  • 敷地面積/143.17㎡(43.31坪)
  • 延床面積/146.56㎡(44.33坪)
  • 1階床面積/73.28㎡(22.17坪)
  • 2階床面積/73.28㎡(22.17坪)

回廊できる間取りの2階には寝室、お風呂・洗濯・物干し・収納と無駄のない動線にして、1階に30畳の圧倒的なリビング空間を実現したお家。
空間を広くみせる事にこだわっているので坪数以上に広く感じますね!


\\和泉市の会社が建てたおうちをもっと詳しく!//

  どれだけ走り回っても大丈夫! 子どもとの思い出を作る30畳リビング 玄関ホールからお洒落なドアを開けると、30畳の圧倒的なリビング空間が!「僕の夢だったんです。賃貸で足音や壁の傷を気にしながら暮らすより一軒家で子どもとの思い出を作りたくて」と家づくりに着手したYさん一家のご主人。ハウスメーカーの展示会などに足を運ぶ中で、対応が早くて自由度も高く、予算的にも納得できたアイ工務店に依頼することに。  ご夫婦で意見をすり合わせながら家づくりを進め、その想いを汲み取って反映してくれた担当の泉さんの提案もあり、広いリビングのある間取り、さらに動線や色使いなどに工夫をこらした思い描いた通りの家が完成しました。  1階はリビングの広さを確保しながら、ゆとりある玄関、幅の広い安全な階段を実現。玄関は上り口を2ヶ所設け、買い物から帰ったら収納スペース、キッチンへと一直線に行ける便利な仕様に。回廊できる間取りの2階には寝室、お風呂、洗濯、物干し、収納と無駄のない動線になっています。  「イメージしたことが形になっていくのを見ていて楽しかった」と充実の家づくりを終え、子どもが走りまわるリビングで過ごす家族の思い出をどんどん増やしていきます。 おすまみ.com





まとめ

いかがでしたでしょうか?
お家の間取りって見てるだけで想像がふくらんで楽しいですよね!


土地のカタチや、建坪率などで同じ45坪でも出来ることや出来ないことが変わってきますので、詳しい話が聞きたい!という方は工務店さんに行ってみて下さいね!


泉州・和歌山には相談に乗ってくれるやさしい工務店さんがおおいので、あなたの理想を伝えてみて下さい♪






【記事作成/つー。】PROFILE:やんちゃ盛りの男の子のママ。我が家はどんな風にしようかな♪と、見てるとわくわくする記事を提供していけたらいいな~と思っています。 

おすまみ編集部1

おすまみ編集部1