catch-img

テレワークにも家事にも勉強にも!注文住宅で叶えたワークスペース4選


テレワークが増えたり、家で過ごす時間が増えたり、生活スタイルが変化したというファミリーも多いのではないでしょうか。

地元の工務店で注文住宅を建てた先輩ママのお家にもステイホームを快適にするワークスペースを設置する例が増えているようです。

子どものリビング学習、パパのテレワーク、ママの作業スペースなど、いろいろな工夫があります。では、早速その実例を見てみましょう。


目次[非表示]

  1. 1.LDKの窓際に造作したワークスペース
  2. 2.リビングの一角を活用してリビング学習デスクを設置
  3. 3.窓があると開放的な空間になります♪
  4. 4.2階の廊下を活用してゆとりあるワークスペースを実現
  5. 5.まとめ

LDKの窓際に造作したワークスペース

こちらは、IoTを導入した南欧風の明るいモデルハウスの例。

ウッドデッキに続く大空間のLDKの窓際に造作したワークスペースは、リビングの家族に背を向ける位置なので集中できそう。

キッチン側から見ても出っ張っていないのでスッキリしています。


ケイズホームが建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  IoT導入の先進住宅は南欧風│ケイズホーム(株式会社 昭和ハウジング泉州) | おすまみ.com 2020年8月にオープンした貝塚市東山のモデルハウスは、パナソニックのテクノストラクチャー工法による安心の耐震構造に加え、大阪ガスのソラエネスマートを採用した省エネ住宅です。サッシや建具の他、設備はオールパナソニックを標準装備し、太陽光、カワック、床暖など快適でありながら家計に優しい暮らしを実現します。また、先進のIoT を導入し、抗菌施工や換気など、防犯や健康にも配慮しています。南欧風に明るくコーディネートした風通しのよい間取りとなっており、リビングにはワークスペースを設け、和室にもこだわりました。メーターモジュールの高い天井と大きな窓、玄関収納やウッドデッキなど、ぜひ実際に見て体感してみてください。安全対策をしていますのでお気軽にご来場ください。 おすまみ.com

リビングの一角を活用してリビング学習デスクを設置


木の温もりにあふれたリビングの一角にカウンターを造作したお家。

現在はパパがパソコン作業に使っていますが、将来は子どもたちが勉強をする場所になる予定だとか。

宿題をする子どもたちの姿をキッチンから見守れる位置にあるので、ママも安心です。


川口建設が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  大工さんの技があちこちに光る 木をふんだんに使ったぬくもりのある家│株式会社 川口建設 | おすまみ.com 私達は職人のアイデアや技がたくさん詰まった川口建設にしかできない家づくりを目指して、木と自然素材をふんだんに使用した心と身体に優しい住まいづくりを行っています。その為に必要不可欠な施主様とのコミュニケーションをしっかりとり、信頼関係を築けるよう細心の注意を払っています。今回は広いLDKのお住まい。コロナの影響で品薄状態になっている設備を、事前のリサーチによって工事の遅れが出ないように取り寄せるなど、完成を心待ちにしている施主様のために、私達ができる精一杯の事をさせていただきました。こうした一つひとつの気遣いが大切だと思っています。木の家をお考えの方は、弊社施工の住まいやショールームをご覧いただき、川口建設ならではの家づくりを実感してください。 おすまみ.com



窓があると開放的な空間になります♪


無垢材にこだわった床の木目が美しいリビングにつくったスタディスペースは、窓があるのでとても開放的です。

小さな棚がつくり付けられていたり、気遣いが見えるのも注文住宅ならでは。木製のベンチも雰囲気にぴったりです。


紀州国土建設が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  「無垢材の床で子育てしたい」を実現! アパートの不便を全て解決した注文住宅 | 紀州国土建設(国土建設株式会社) | おすまみ.com 紀州国土建設では、施主様の要望や望まれるテイストなどをしっかり聞き取ることを大切にし、一緒に楽しみながら家づくりを進めていくことを心がけています。 N様ご夫妻とのお家づくりは、イメージがはっきりされていたので写真を見ながら仕様を決めるなど、打ち合わせもスムーズにお客様ご自身に楽しんでいただけました。施主様の想いをきちんと形にすることができ、インテリアとのバランスもよい仕上がりになりました。ご家族がずっと安心して暮らせるように、木にこだわって住宅木材として優秀だと評される紀州材を用い、また免震工法(SG工法)を採用しています。ショールームでは、木の家や紀州材、SG工法について、より詳細に知っていただける展示も行っています。ぜひ一度、木のぬくもりがあふれるショールームへご来場ください。 おすまみ.com

2階の廊下を活用してゆとりあるワークスペースを実現

 

個性的なモデルハウスを気に入ってそのまま購入を決意したというご夫妻のお家では、吹き抜けをはさんで寝室と子ども部屋をつなぐ2階の廊下部分に書斎を設置。

天井が高く、上部の窓からは光が差し込みます。大人二人が並んで作業しても余裕のスペースです。


さくら不動産の工務店が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  リビングを開け放したらアウトドア気分♪ 文句なしのモデルハウスに一目惚れ!│株式会社 さくら不動産 | おすまみ.com 今回、S様には玄関、土間、リビングが一体となる大空間を気に入っていただき、モデルハウスをご購入いただきました。個性のあるデザイン性の高い間取りに加え、太陽光発電+エネファームなど省エネの設備面でもご満足いただける家になっています。さくら不動産では、屋上リビングやスキップフロアなど、暮らしを彩る様々な提案で評価をいただいています。できるだけ後悔のない家づくりを実現するため、施主様のご要望をしっかり伺った上で、豊富な事例から的確なアドバイスを心がけています。また、第三者品質監査による品質のWチェックで長期にわたる優良な住まいを保証します。気に入ったモデルハウスを購入することも選択肢の一つ。ぜひお気軽にご相談ください。 おすまみ.com

まとめ


お家時間が長くなると、家族それぞれが快適に過ごせる空間があるとストレスも軽減できそうですよね。

後からつけることも可能ですが、やはり最初から考えて取り入れたほうがスムーズです。先輩ママの例を参考に、ぜひ検討してみてくださいね。




【記事作成/み。】PROFILE:編集フォトライター。住宅以外にも飲食、美容、医療、その他幅広く取材&撮影、編集をこなす。人の話を聞き出すことと、笑顔が苦手な人を笑顔にして撮影することが得意。



おすまみ編集部1

おすまみ編集部1

物件一覧

新築記事

注目タグ