catch-img

ウイルスも怖くない!?キレイな空気にこだわった注文住宅6つの実例

ウイルス対策どうしてますか?外出する時はマスクして、帰ってきたらまずうがいと手洗い、ですよね。

これからお家を建てようとしているママなら、家族がみんなが元気に過ごせる家にしたいなって思いますよね。

そこで、今回はキレイな空気にこだわった先輩ママの注文住宅に注目!ウイルス対策には毎日を健康に暮らすことが大事です。

早速、地元の工務店で建てたキレイな空気のお家をチェックしてみましょう。


目次[非表示]

  1. 1.お家の空気をキレイにする方法って?
  2. 2.WB工法で建てる
  3. 3.スーパーウォール工法で建てる
  4. 4.エコカラットを使う
  5. 5.珪藻土を取り入れる
  6. 6.漆喰を取り入れる
  7. 7.木の家という選択肢も
  8. 8.case1●WB工法の家の実例
  9. 9.case2●スーパーウォール工法の家の実例
  10. 10.case3●エコカラットを取り入れた家の実例
  11. 11.case4●壁を珪藻土にした家の実例
  12. 12.case5●漆喰の壁を採用した家の実例
  13. 13.case6●ふんだんに木を使った家
  14. 14.まとめ

お家の空気をキレイにする方法って?

WB工法、スーパーウォール工法などの換気システムを取り入れて家全体で考える、エコカラット、漆喰、珪藻土など壁の素材を選ぶ、木の家にする、などの方法があります。

工務店選びの時には、こういったことも頭に入れて相談してみるといいでしょう。


WB工法で建てる

いつでも穏やかな換気を行っている状態になるのがWB工法の家。内壁が透湿性になっているため湿気は壁を通過して通気層に流れ、屋外に排出されます。

化学物質や臭いは水分に溶けやすく、湿気と共に外に出て行きます。その結果、有害物質や結露を防ぎ、生活臭も防ぐことができると言われています。健康体に悪い影響を及ぼすシックハウス対策にも効果が期待できます。


スーパーウォール工法で建てる

気密性能を活かし計画換気システムにより、家全体にキレイな空気がゆるやかに流れます。高い気密と断熱によって室内の温度・湿度を保ちながら効率よく換気を実施。夏は涼しく、冬は暖かいという一年中快適な家が実現します。

PM2.5や花粉などの侵入を大幅にブロックし、室内全体の温度差が少ないためヒートショック防止にも役立ちます。


エコカラットを使う

日本の気候と相性のよい昔ながらの「土壁」をルーツ持ち、最新の技術との融合で生まれたのがエコカラットです。

エコカラットには、空気を吸って放出するあながあります。それは、湿気やニオイの吸着に最適な1ナノメートルという目には見えない大きさで、ニオイ成分や有害物質も吸着・低減。とても優れた空気洗浄力を持った素材です。


珪藻土を取り入れる

お風呂から濡れた足で出てきてもすぐに足跡が乾くバスマットとして、よく見かけるのが珪藻土です。漆喰と同じく無数の孔が開いている多孔質の天然素材で調湿性能に優れていて、室内の空気を清潔に保ってくれます。

シックハウスの原因物質の除去にも効果的で、さらには熱伝導率が低いという特性から冷暖房効率が良くなるというメリットも。結露の防止などにも効果的です。


漆喰を取り入れる

「呼吸する壁」と呼ばれる漆喰は、日本家屋で長く使われてきた素材です。特に優れているのが調湿作用。湿度の高い状態の時は余分な水分を吸い取り、逆に湿度が低くなると水分を放出する機能を持っています。

漆喰には細かな穴がたくさん開いていて、その表面で湿気をコントロール。梅雨時期などジメジメした時期でも快適で、年間を通じて快適な湿度に調節してくれます。また、カビやダニなどの発生を抑える効果も期待できます。


木の家という選択肢も

自然の木を使った家にすることも、空気をキレイに保つひとつの方法です。床や天井、柱などに自然の木を多く使用することで、まるで森林浴をしているようなキレイな空気が満ちた家になります。また、木の温もりを感じて暮らすことも心の健康に効果がありそうです。

木は呼吸して乾燥や湿気に対応する性質があるため、木の扱いに熟知した工務店に依頼すると安心です

case1●WB工法の家の実例

 


ペットの匂いも気にならない!WB工法の家です。

岸和田市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  匂いが気にならない!ペットと笑顔で過ごせる 住み心地最高のWB HOUSE Mさんファミリーが暮らすのは、カーキ色の外壁が落ち着いた雰囲気で、性能面でも最先端なWB工法のお家。家づくりを考え始めたのは2年前で、小学生の子どもが転校しなくていいようにと、地元岸和田で地域密着のお店を探していたところ、出会ったのが岸和田住宅㈱でした。 玄関を開けてLDKに入ると可愛らしい花柄の壁紙や、リビングの奥に段差をつけた和室など、こだわりの空間が広がります。和室への段差部分の収納スペースや、2階の空気循環のためのシーリングファンなど機能・性能のどちらにも驚かされる工夫がたくさん。「お家づくりは全てが楽しかったです」と笑顔で話してくれた奥様。担当の横田さんの的確で親身なアドバイスに、楽しさと住み心地の共存するお家づくりができたようです。 さらに「お風呂は夜沸かしたら、そのまま朝も入れるんです」とWB工法の高気密性能と魔法瓶浴槽の効果にびっくり。住んでみて改めてお家の性能に驚かされることもしばしば。そして何よりも嬉しいのはペットがいても匂いが全然気にならないこと。「深呼吸したくなる家」WB HOUSEの生み出す優しい空気と高気密性能に大満足の様子です。 おすまみ.com

case2●スーパーウォール工法の家の実例

 


一定の温湿度を保つスーパーウォール工法のお家です。

和歌山市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  晴れの日はデッキがリビングに早変わり! 一年中快適さを追求した家族思いの家 「家族の健康や安心して暮らしていくために、夏の湿気、冬の乾燥と家の中のどこにいても一定の温湿度を保つ上に、耐震性に優れた家を建てたかった」と話すご主人がチョイスしたのがスーパーウォール工法。和歌山で実績のある関口建設を紹介され、Mさん一家の家づくりが本格スタートしました。  設計は、同社が推奨する「ビーダックスタイル」で外観や平面プランを作成し、クロスをはじめとする細かな打ち合わせが必要なものは担当の関口さんと二人三脚で行いました。玄関を入ると広い土間空間の左右に部屋があり、家族の生活スペースとなる左側の扉の向こうはL字型のリビング。デッキと一続きとなっていて、この夏はプール遊びに大活躍。子どもらが遊んでいる姿を見ながらママは家事ができ一石二鳥。右側に作られた和室は来客用として使用するだけでなく、パパの帰りが遅い時、家族を起こさないようにと設えた部屋。それに伴い、浴室やトイレなどのサニタリー空間もリビングを通らずに使用できる動線と見事に計算され尽くしています。 家族が健康に過ごせる室内の温湿度、そして間取りが実現したと大満足のMさん一家。「家で過ごす時間が増えました」と笑顔を覗かせます。 おすまみ.com

case3●エコカラットを取り入れた家の実例


多彩な色や柄が魅力のエコカラットをリビングの壁に。

和歌山市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>


  将来を見据えて今の生活も楽しむ 洗練されたスタイリッシュな平屋の家 O様ご夫婦のお家は、片流れの屋根全面にソーラーパネル15.6kwを搭載した高気密・高断熱・高耐震のゼロエネルギー住宅を実現し、O様からのご要望と弊社からの提案を組み合わせ、現想の平屋が完成しました。間取りや動線を重視しながら、更に弊社のコンセプトである省エネ・快適・健康・安心な住まいを叶えます。土地探しから設計施工までお気軽にお問い合わせ下さい。 おすまみ.com


case4●壁を珪藻土にした家の実例


シックハウスの原因物質の除去にも効果的な珪藻土を使った家。

和歌山市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  棚の高さ1つにもこだわりました! オーダーメイドの洋服みたいに快適な家。 元々浅井良工務店の社員だった奥様。光と風を活用し、設備に頼りきらない快適さや安全性を考える同社の良さを知り尽くしているからこそ、家づくりを任せることになんの迷いもありませんでした。 当時を振り返り「打ち合わせの内容が毎回濃くて、楽しかった」と設計担当の中口さんが話すように、洋服作りが趣味という奥様とは「ものづくりへの想い」という共通項から、棚の高さ1つ、パイプ階段の太さ1つとってもミリ単位で話し合ったそう。それだけ細部まで突き詰めた家は、デザイン性も快適さも抜群。まるでオーダーメイドでこしらえる洋服のようにジャストサイズの住まいとなりました。 南側の窓から明るい光が注ぐ吹き抜けのリビングは、断熱性と気密性に加えてシーリングファンがなくても風の流れを生み出し、エアコン1台で家全体の温度が最適に保てるよう換気をプランニング。壁や天井に珪藻土を用いたことから、心地よい空気が家の中を包み込みます。シンプルなデザインと自然素材にこだわり抜いた住空間に、自然の力を取り入れたパッシブデザインがしっかりと息づいています。 おすまみ.com

case5●漆喰の壁を採用した家の実例


「呼吸する壁」と呼ばれる漆喰を壁や天井に採用した家。

和歌山市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  可愛らしいだけでなく性能もしっかり! 「どこにいても家族の存在が感じられるお家!」 白い外壁に可愛いドアがアクセントになった南欧風のモデルハウス「カーサカリーナ」を訪れたまみたん親子。「外観がとっても可愛くて、誰が見ても羨ましいと思うような素敵な家!」と、早速わくわく!手がけた泉州ホームのこだわりは、自然素材。漆喰の壁、無垢材を採用して子育てにも安心の環境を実現しました。 玄関にはツーウェイ方式の大容量シューズクロークがあり、いつでもスッキリ片付いた状態をキープできます。LDKで目を引くのが、リビングに続いて一段高くしつらえた畳スペース。さらにその先にはウッドデッキへと生活を楽しむ提案がありました。広いパントリーはたくさん買い置きしても安心で、忙しいママの味方になってくれそうです。 キッチンに立ってみたママは、「家事動線も楽で、どこに居ても家族の存在が感じられるようなお家ですね」と絶賛。アーチ形のあしらいや、ニッチを利用した飾り棚と階段のタイルなど、統一感があって居心地の良さも満点!憧れの上げ下げ窓には防犯や断熱効果が高いサッシを採用するなど、可愛らしいだけでなく性能もしっかりしていることに納得したママは、「いつか子どもが巣立って夫婦2人でもずっと楽しく住み続けられそうです!」と、この家での暮らしを想像していました。 おすまみ.com

case6●ふんだんに木を使った家


木の家は温もりと清浄な空気をもたらします。


泉南市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  はだしで歩きたくなる木のぬくもり 「居心地の良さ」と美しいデザインに感無量 とても楽しい家づくりでした。完成した家の庭で竣工パーティーを開いてもらったのもよい思い出です。当社が提案するのは「普段の生活を幸せにする家」。家そのものはもちろん、資金計画も含め、家族が幸せに暮らせる家をお届けしたいと思っています。 「一生過ごす場所だから妥協なく満足のいく家をつくる」。当社の家づくりは、住む人の気持ちを大事にし、施主様と目的は同じであるということを肝に銘じて進めていきます。打ち合わせを重ね、知恵を絞って希望を実現する方法を考える。その繰り返しにより、想いを形にしていきます。暮らしやすい動線や収納は緻密に、一方で木の温もりや大工の手仕事の温かさを感じるゆとりの部分も大切にしています。家づくりはいつまでも「to be continued」。満足できる家をお望みなら、一度ご相談ください。 おすまみ.com

まとめ

いかがでしたか?


やっぱりキレイな空気の家で家族みんなが健康に過ごせるって大事ですよね。

泉州、和歌山には空気にこだわった家づくりをする工務店がたくさんあります。

気になるところがあれば早速資料を請求して相談してみましょう!




【記事作成/み。】PROFILE:編集フォトライター。住宅以外にも飲食、美容、医療、その他幅広く取材&撮影、編集をこなす。人の話を聞き出すことと、笑顔が苦手な人を笑顔にして撮影することが得意。


おすまみ編集部1

おすまみ編集部1

物件一覧

新築記事

注目タグ