catch-img

対面キッチンの後ろ、どうする?地元の先輩ママの実例チェック


オープン型の対面キッチンは、料理しながらリビングで遊ぶ子どもを見守れると好評で、泉州・和歌山の工務店で注文住宅を建てたママもたくさん採用しています。

ところで、リビングを見渡せるということは、リビングからキッチンの後ろの壁が見えるということですよね。収納家具を置いて扉を閉めたら大丈夫!という考え方もありますが、LDKの広さを確保できない場合、ちょっと圧迫感が出ちゃう場合もあります。飾り棚を作ったものの、生活感のあるものをついつい置いてしまって台無しに…なんて心配な人もいるのでは?

オープン型の対面キッチンを採用しようと考えているなら、その後ろの使い方、先輩ママの実例をチェックしておきませんか? 参考にしてワタシにぴったりのキッチンにしましょう♪


目次[非表示]

  1. 1.キッチンまわりに置きたいもの、優先順位をチェック!
  2. 2.窓から見える風景を活かしてワークスペースも!
  3. 3.トータルコーディネートでたっぷり収納♪
  4. 4.トータルコーディネートでたっぷり収納♪
  5. 5.シンプルなキッチンのオープン棚はセンスの見せどころ♪
  6. 6.まとめ

キッチンまわりに置きたいもの、優先順位をチェック!

キッチンに置くものと言えば、冷蔵庫やレンジなどの家電、食器、調理器具、ストック食材など、多種多様なものがありますよね。

しかも、その量は家庭によってまさに千差万別。料理好きなら道具は増えるし、まとめ買いをするなら在庫も多くなります。

また、面倒でもきちんとしまってスッキリしておきたい派、使い勝手優先で手近なところに置いてサッと使いたい派など、毎日のことだから優先順位を間違えると先々までずっとストレスになりかねません。

そういう時こそ、地元の工務店に相談してみましょう。施主さんと親身に接しているから完成後の暮らしについても情報をたくさん持っていることが多く、リアルな声から有益なヒントをもらえる可能性大なのです。

「片付けが苦手だから扉を閉めたら見えないような収納を選択」「オシャレにしたいから飾るモノを決めてオープン棚を造作」などなど、ワタシにぴったり!を探してみましょう。


窓から見える風景を活かしてワークスペースも!

 

キッチンの後ろには収納と家電を置くためのカウンターを入れて、その上はオープンな飾り棚に。緑のある風景が望める窓が開放感たっぷりで、将来、学習スペースとしても使えるようにデスクを造作しました。


和歌山市の工務店が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  パパはガレージ、ママはキッチンがお気に入り♪│design house デザイエ | おすまみ.com インナーガレージを中心に家事動線にも工夫をこらした暮らしやすいデザインの家。一目惚れしたというデザイエでシアワセな家づくりを実現したご夫婦にお話をききました。 おすまみ.com

トータルコーディネートでたっぷり収納♪


こだわった黒い天板のイメージを壊さないように、キッチン後ろの収納も同じシリーズで揃えた例。どんなにたくさん道具や食器があっても大丈夫な収納力で、いつでもスッキリしたキッチンです。

和歌山市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  キッチン天板から床板・外壁までシックに統一したスタイリッシュなお家│株式会社センチュリーホーム | おすまみ.com 総タイル貼り外壁とZEH仕様による建ててからお金のかからない家 私たちは施主様に、外壁を総タイル貼りにすることでメンテナンスフリーを実現することや、『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」をお勧めすることで、「建ててからお金のかからない家」を提案しています。同時に、耐震等級3も取得しています。「安全で暮らしやすい」という基盤があるうえで、打ち合わせなどを通して間取りやデザインを決めていけるので、安心しておうち作りを進めていただけます。 注文住宅だからこそ叶えられる夢や理想がたくさんあると思いますので、ぜひモデルハウスまで足を運んでみてください。 おすまみ.com

トータルコーディネートでたっぷり収納♪


カウンターと吊戸棚を、その並びに半透明の食器棚を設置。さらにその奥にはパントリーがあるので、収納力に問題ナシ!圧迫感のない色使いなど、こだわりが見えます。

泉佐野市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  子どもが走り回る広いLDK理想の暮らしを実現した2世帯住宅│株式会社アイ工務店 | おすまみ.com 畳スペースや家事室、シアタースペースにベンチスペースと、施主様の要望をすべて盛り込んだ理想の家となっています。特にご主人様の夢であったシアタースペースは想像以上の出来栄えに大満足されています。私たちアイ工務店は、施主様が思い描く夢を現実にしながら、住宅性能評価の7項目で最高等級相当の性能を備える高品質なお住まいを1,000万円台からという検討しやすい価格で提供しています。木造住宅とは思えないシンプルモダンな外観や空間の高低を巧みに利用したスキップフロアなど、1ミリ単位の注文建築を施主様との密なコミュニケーションをもとにご提案させて頂いています。是非一度アイ工務店にご相談ください。 おすまみ.com



シンプルなキッチンのオープン棚はセンスの見せどころ♪

手元を隠せる高さを確保した結果、家電もあまり視界に入らないので生活感もほとんどなく、背後のオープンな棚が一層おしゃれな雰囲気に。収納も棚も造り付けにして、安全面でも◎です。

和歌山市の会社が建てたこの家をもっと詳しく! >>>

  大きな窓のLDKに家族集合の住まい│株式会社赤土建設 | おすまみ.com 家とは、日々の生活を送る場所であり、そこにある「くらし」そのもの。私たちは「家を建てる」という仕事を通して、みなさまのくらしに寄り添います。 心がけているのは、思いやイメージを共有できるか、ご要望をいかに汲み取れるか。その上で、デザイン性と利便性をどちらも備えることが大切だと考えます。赤土建設の注文住宅には規格のものは一切なく、一から作るオーダーメイド。そのため、アフターメンテナンスの部分もしっかりと請け負うことができます。建てて終わりでは決してありません。 モデルルーム「くらしラボ」ではさまざまなサンプルや模型を手にとっていただきながらヒアリングを重ねられます。見学会では、建築中の現場や完成したお宅をご体感いただけます。ぜひご参加いただき、家づくりのヒントをたくさん見つけてください。 完成見学会やワークョップの開催については、HPのイベントページでご確認ください。こだわったのは家族が朝晩の貴重な時間を一緒に過ごせるリビングルーム。明るい光が差し込む吹き抜けのフロアは、素材感のあるチーク材を用い、できる限り広さを感じられるよう玄関からキッチンまでひと続きに。ガラスを隔てウッドデッキに続くことでより広さを感じることができます。また階段手前を小上がりにしたことで、大人数でも腰掛けて話せる気軽なスペースが生まれました。 家事は最小限の動きで済ませられるよう、キッチンからパントリー、また洗面、物干しスペースまで一直線に。生活感を極力省いたキッチンは落ち着いたトーンのモザイクタイルがまるでバーカウンターのように。 そのキッチンからはリビング、また庭で遊ぶ姿も見通せるようになっています。 「大枠のイメージを伝え、細部は赤土さんからの提案で」と進めた家づくり。イメージの共有がスムーズだったため、完成した家には大満足。天気のいい日はリビングから青空を眺めるのも楽しみのひとつになりました。 おすまみ.com

まとめ


対面キッチンの後ろをどうするか問題、泉州・和歌山の先輩ママの実例は参考になりましたか? ウチにぴったりのキッチンの後ろを実現したら、毎日をゴキゲンに過ごせること間違いナシ♪

地元の工務店・建築家が建てた注文住宅をチェックして、気になるところにぜひ問い合わせてみましょう。親身に相談乗ってもらえますよ♪



【記事作成/み。】PROFILE:編集フォトライター。住宅以外にも飲食、美容、医療、その他幅広く取材&撮影、編集をこなす。人の話を聞き出すことと、笑顔が苦手な人を笑顔にして撮影することが得意。


おすまみ編集部1

おすまみ編集部1

物件一覧

新築記事

注目タグ