catch-img

ロマンティックな外観が印象的 夢の国から飛び出した アーリーアメリカンスタイルの邸宅

地元の工務店や会社で建てた先輩家族のお家をレポート!

アメリカンスタイルの邸宅で、リビングに欠かせないものといえば「ウィンドウベンチ」。収納スペースとしても活用され、「子どものおもちゃや冬用ブランケットなど仕舞えるのが嬉しい」と奥様。子どもたちは、外の景色を眺めながらパパの帰りを待つことも。


オプションでセンサー付きの自動水栓を設置。ひと手間省けることで洗い物がグンと楽に。


カップボードの背面をタイル柄のクロスに。#アクセントクロス #アーリーアメリカンのワードで検索し、見比べながら自分好みのクロスをチョイス。



こだわりにこだわった浴室洗面室。壁1面をティファニーブルーにし、洗面台を造作してもらったお気に入りのスペース。室内干しスペースも確保した広い脱衣場も備えています。


玄関を入るとすぐに手洗いスペースが。帰宅→手洗いが徹底できるので、菌やウィルスを室内に持ち込むことのない日常に。


2階の主寝室は、大容量のウォークインクローゼットを併設し広々した空間。奥様の大好きなパープルの壁紙が印象的。塔のプリンセスを思わせるラブリーな空間。


主寝室の一角にはパパ専用の書斎が。一部が壁になっているので視線を気にせず仕事や趣味に没頭できます。


リビングのクロスは3タイプを張り分け、アーリーアメリカンスタイルを実現。「本来は板を張るところ、クロスで代用したので、手入れが楽な上、コストも抑えられました」と奥様大満足。


2階には子ども部屋が2室。壁の1面を好きな色に。各部屋には大容量のクローゼットも設置。


階段の踊り場には光が花びらのように拡散する照明が。明り取りの窓も多く、室内は昼間ならどこにいても明るく照明要らず。


今や必需品の宅配ボックス。外観のイメージにあったデザインをチョイス。


敷地面積:150.49㎡(45.52坪)/ 延床面積:100.69㎡(30.45坪)/ 1階延床面積:50.72㎡(15.34坪)/ 2階延床面積:49.97㎡(15.11坪)

​​​​​​​



施主/Kさんファミリーに注文住宅についてのアレコレ聞きました!


Q.おうちを建てようと思ったきっかけを教えてください。

A.増税前に建てたいと思い、スケジュールを考え家づくりを始めました。私(奥様)が岩出市出身で、山北地区で土地を探していたこと、主人の勤務地が和歌山市内で、仕事場にも程よく近い土地が見つかったことも大きな理由ですね。

Q.おうちづくりのためにどういう行動をしましたか?

A.展示場を見て回りました。また、内装などはSNSを参考にしながら想像したり質問したりしました。

Q.注文住宅にしようと思ったのはなぜですか?

A.自分らしい家を建てたいと思ったからです。GLホーム和歌山店の展示場でアメリカンタイプの家を見学して一目惚れ。絶対こんな家に住みたい!と思いました。

Q.住宅会社決定の決め手になったポイントは?

A.私が住みたい家が叶えられると思いました。特にデザインが気に入り、ここしかないと思いましたね。

Q.間取りは何を優先して決めましたか?

A.ヒアリングをしっかりしていただいたので、第1回目の提案で十分納得したのですが、脱衣所を広くしてほしいという要望は付け加えました。

Q.設備、構造などでこだわった点は?

A.地震に強い2×6工法など、標準仕様でもしっかりと耐震に優れているので安心してお任せできました。

Q.おうちづくりで楽しかったこと、大変だったことは?

A.インスタをチェックしながらいろいろ想像して夢を膨らませました。下の子を妊娠中だったので、土日がどうしても打ち合わせになってしまい、時間のやりくりが大変でしたが、それ以上に楽しみもあり、乗り切れました。

Q.子育てする上で工夫したところ、こだわったところは?

A.成長するとリビングに入らず2階の自分の部屋に行くと思うのですが、その時も手洗いだけはしてほしいなと、玄関に手洗いを設置しました。昨年秋に入居しましたが、今年に入って手洗いが重要視され、本当に良かったと思いますね。

Q.子ども部屋についてはどう考えましたか?

A.子どもは2人と思い、最初から2部屋を作りました。壁の1面だけ黄色と水色と色を変えています。

Q.一番気に入ってるところはどこですか?

A.
夫:家族で過ごすリビングです。子どもがまだ小さいので4人でリビングで過ごすことが多く、寛げる空間ですね。

妻:ウィンドウベンチ、浴室洗面所、外観と言い出したらきりがないほど。全てです。

Q.担当者さんとのエピソードを教えてください

A.営業さんと設計士さんも交えて打ち合わせをすることが多かったです。造作洗面台を作ってもらうのに無理を言ったかもしれません。でも、出来上がりを見て感動!しっかりと思いが伝わり、夢を実現してくれたことに感謝しています。

Q.これからおうちを建てるまみたんママに、家づくりを楽しむコツなどメッセージを!

A.毎日過ごす家なので、自分の好きなことを盛り込んで楽しい♪がいっぱいの家がいいと思います。私はアメリカンスタイルの家を建てたいと思い、テーマを決めて色やインテリアなども考えました。統一感もあるので見た目にもおしゃれだし、居心地よく毎日ハッピーです!


伝統建築のよさと美しいデザインを兼ね備えた「ウッズヒル」


地震や台風などの外からの力を面で受け止める耐震性·耐風性に優れたモノコック構造をさらに進化させたハイパーモノコック構法、衝撃や振動を吸収するGTSウォールで耐震·制震を万全に。また、耐火にも優れ、高気密·高断熱や設備や構造の品質の価値は数えればきりがないGLホームの家。さらに、デザインも特長があり、外国映画のワンシーンのような憧れの邸宅が叶えられます。今回担当させていただいたK邸は、アーリーアメリカンを基調とし、奥様の要望でラブリーさをプラスしたかわいらしいお家に仕上がりました。分譲地の入り口に建つので、外装のラップサイディングや装飾なども相談しながら印象的な外観を提案しました。輸入住宅に日本クオリティがしっかりと活かされたGLホームは県内2か所の展示場でぜひご確認ください。土地探しから資金の相談などトータルで対応します。お問い合わせなどお気軽にどうぞ。

ヤマイチエステート株式会社
GLホーム 和歌山店
担当/殿原さん​​​​​​​



|お問い合わせ


ヤマイチエステート株式会社/GLホーム和歌山店

TEL:0120-860-801

和歌山県和歌山市 中之島1518 中之島801ビル 5階 [MAP]

営業時間/8:30~17:30 定休日/年末年始等  P/あり

[ホームページ]



おすまみ編集部4

おすまみ編集部4