「いつか孫を連れて遊びに来てくれたらいいな」 夫婦の生き方を反映して完成した暖炉のある家

太い梁が存在感を放つダイナミックな空間の家


新しい街づくりが進む大阪北部の分譲地に完成した山小屋のような外観が印象的な家。大阪市内でマンション暮らしをしていた米村さんご夫妻が、二人の生き方を反映して建てたマイホームです。
 注文住宅でと決めていた夫妻はハウスメーカーのホームページで情報収集。そんな中で椎葉工務店に出会い、岸和田まで足を運びました。「自分たちのイメージに合う施工例に加えて、温かみのある社長の人柄が決め手になりました」と振り返ります。家づくりのスタートは、「私たちのワガママが詰まったリスト」。それを託された社長が提案した設計をほぼそのままに、隅々までコンセプトが通った家が出来上がりました。圧倒的な存在感を放つ太い梁、その下には暖炉のある居心地よい空間が広がります。「夫婦を中心に考えましたが、家全体が子ども部屋のようなものですね」。その証拠に、近所の子たちが宿題をしに来るのが日常のことなのだとか。
 家づくりで工夫したところ、気に入っているところ、楽しかったところは?という問いの全てに「全部です」との回答が。「ずっと大事にしたい良い家ができました」。いつでも友が集い、いつか孫が遊びに来るような家。そんな家とともに豊かに年を重ねていく夫婦の姿が想像できました。



敷地面積:297.71㎡(90.06坪)/ 1階床面積:122.55㎡(37.07坪)/ 2階床面積:48.85㎡(14.77坪)/ 延べ床面積:171.40㎡(51.84坪)/ 構造・工法:木造軸組


ママの声:ココにこだわりました!

子育て期間ってそんなに長くないから、自分たち夫婦のために建てて子どもも楽しめる家がいいんじゃないでしょうか。子どもが部屋に引きこもったりせず、自由にのびのびと楽しめる環境にしたいと思いました。将来、子どもが生まれたら、その子が孫を連れて遊びに来てわいわいにぎやかに過ごせるような、ずっと大切にしたい家が出来上がって満足しています。楽しい家づくりをさせてもらいました。

施主さん/米村様









おうちづくりのポイント!

昭和45年の創業以来、骨太構造、自然素材、設計デザイン力、コスト、人情をテーマに家づくりをしてきました。しっかりとした構造や性能をベースに、それぞれの想いやこだわりを妥協なく表現できるような住まいづくりを心がけています。傷がついて汚れたら直せるところは直し、経年変化を楽しみながら家族の成長とともに愛着を持って長く住んでいただける家をお届けします。

株式会社 椎葉工務店
社長/椎葉さん






|お問い合わせ

株式会社 椎葉工務店

TEL:072-440-0086

岸和田市中井町1-4-1 [MAP]

営業時間/8:00~18:00 定休日/年末年始・夏季休暇など P/10台

[ホームページ]



おすまみ編集部3

物件一覧

新築記事

注目タグ