catch-img

「まかせてよかった!」全てが想像以上、 素材・空間をフルに生かした設計の家。

「最初に提案をいただいて、設計士の佐藤さんにほとんど全てをおまかせした家なんです」と語るSさんのマイホーム。シンプルな内装に、素材のあたたかみや美しさが際立つ洗練されたデザインのお家です。「一部でもいいんです。既製品ばかりではなく、本格的な自然素材を使うことで家の質が一気に向上するんです」との佐藤さんの言葉に笑顔で頷くSさん。思った通りの提案に、打合せは少なく月に一、二回程度。スムーズに家づくりは進んでいったそうで「丁寧で分かりやすい提案に家族みんな信頼を寄せ、納得のいく家づくりができました」。住んでからも一切不満はなく、まわりからの評判も上々だとか。 特にお気に入りなのは、玄関天井部の小窓。和室の下部につながっており、お客さんが訪ねて来た時に、和室から顔を出すことのできる遊び心が気に入っているそう。奥様は広めにプランニングされたキッチンに大満足。戸棚がなくスッキリした開口部で料理中も家族の会話が弾みます。 「固定概念に縛られることなく敷地を活かし、住まい手にとって最善の環境を作り上げることが設計です」と頼りになるプロの言葉で締めくくる佐藤さん。終始家族の「まかせてよかった」が溢れる素敵なお家でした。



敷地面積:104.93㎡(31.74坪)/ 延床面積:110.10㎡(33.31坪)/ 1階延床面積:56.29㎡(17.03坪)/ 2階延床面積:53.81㎡(16.28坪)構造・工法:在来軸組工法


ルート1とエイト建築が手がける「one story house」【建築事例写真】


キッチンは対面式、家族の会話も弾みます。


床の間上部に設けられた間接照明。優しい光が心を落ち着かせます。


玄関の小窓は和室から覗ける仕様に。


和室への小上がりでリビングにいる家族との目線を合わせる効果が。


光差し込む1階ウッドデッキで洗濯物も快適に干せます。


段差を利用した立体的な空間づくり。




施主/Sさんファミリーの声

お家づくりは土地選びからです。その土地の環境、風土をしっかり調べてこの先ずっと住み続ける事を考えることが大切だと思います。新しい家を建ててから、家族や親戚の評判もよく、おまかせして本当によかったなと思っています。機能面でも暮らしてみてわかる住みやすさがたくさんあり、デザインも含めて、提案の時点でとても気にいっていたので、思った通りの出来に大満足です。



間取りから始めない設計で 理想の暮らしを追求する


良いおうちをつくるには設計を 『間取りから始めない』ことが大切です。 まずはどんな暮らしがしたいかを 想像して書き出していく。 最初は間取りに破綻があっても良いので 理想の暮らしを追求していきます。 また敷地の長所・短所を見抜くことも大切です。 長所を伸ばして、短所を認めてあげることで 環境を無視した自分勝手な家ではなく、 敷地とおうちが呼応する、 元からそこに建っていたかのような おうちができます。 

建築設計士  担当/佐藤さん



|お問い合わせ


株式会社ルート1

TEL:0120-406-142

泉南郡熊取町大久保東2-8-16 [MAP]

営業時間/10:00~19:00 定休日/第一火曜日・毎週水曜日  P/11台

[ホームページ]​​​​​​​



おすまみ編集部4

おすまみ編集部4

物件一覧

新築記事

注目タグ