Original

薪ストーブのある、あったか注文住宅3選♪

北国のように雪が多いわけでもないけど泉州・和歌山だって冬は寒いですよね。
そこで今回紹介するのが薪ストーブのあるお家。
注文住宅でしかできない!あるだけで映える!家族が自然と集まるあったかリビングをチェック☆

目次[非表示]

  1. 1. 「暖炉」と「薪ストーブ」の違いは? 
  2. 2.泉州も和歌山も大丈夫!日本のお家にも似合うんです♪
  3. 3.リビングが家族みんなでほっこりする空間に。
  4. 4.注文住宅ならではのワザで小さい子どもがいても安心!
  5. 5.まとめ


 「暖炉」と「薪ストーブ」の違いは? 

早速、泉州・和歌山、地元ママのお家を拝見!の前に…
ここで問題です!暖炉と薪ストーブってなにが違うと思いますか?
左が暖炉、右が薪ストーブです。一見おなじように見えますが、大きな違いは"とびら"。暖炉は開放型、薪ストーブは密閉型なんです。
扉のない暖炉のほうがあったかいと思いきや!家全体をあっためるならストーブ自体もあったかく、熱をもっている薪ストーブなんだそうですよ♪



泉州も和歌山も大丈夫!日本のお家にも似合うんです♪

薪ストーブは外国のお家にあるイメージだから木を使った日本の家には似合わないんじゃないかな?なんて思う方も多いのではないでしょうか。
こちらのお家では圧倒的な存在感を放つ太い梁と、薪ストーブがまったく違和感なく配置されています。
「リビングはいっつもあったかいから!」と、子どもがリビングで遊んだり、宿題をしたり。リビングに自然と家族があつまる様子が想像できちゃいますね♪

岸和田市の会社が建てたお家をもっと詳しく! >>>



リビングが家族みんなでほっこりする空間に。

熊取町の閑静な住宅街にあるこちらのお家では玄関ホールの扉を開けると、薪のいい匂いと暖かな空気がふわっと広がり、ほっこりします。
存在感のある薪ストーブのそばで、木の燃える音を聞いたり、ゆらゆらと揺れる火を見たり、五感で感じる様々なものに子どもとママも癒やされそう♪
しかも!こちらの薪ストーブの上ではちょっとした料理もできるんですよ♪憧れますよね~♪

泉南郡熊取町の会社が建てたお家をもっと詳しく! >>>



注文住宅ならではのワザで小さい子どもがいても安心!

「子どもが火のこわさを知らない小さい頃は心配なんやけど。」というママも、薪ストーブのまわりに柵をつくってしまえばそんな問題も解決!
すこし大きくなったら、一緒に薪をいれたり、火をおこしたりするのも楽しみの1つですね♪
こちらのお家では薪ストーブの上を吹き抜けにしたことで、あたたかな空気を家族みんなの部屋に届けてくれて、薪ストーブ以外の暖房器具はまったく使わなくてすむそうですよ!

有田郡有田川町の会社が建てたお家をもっと詳しく! >>>



まとめ

家族みんなで薪ストーブのまわりにあつまって、ゆっくりとした時間を過ごす。そんな冬もいいですね♪
どんなデザインにするか、あたためる空間の広さにもよって設置費用はさまざまですが、一般的な平均予算は「薪ストーブ本体+煙突+施工費」で100万円前後といわれています。
冬のくらしに彩りを添えて、体だけじゃなく、心もほっこりあたためてくれる薪ストーブ、注文住宅なら実現できます。一度検討してみてはいかがでしょうか?
泉州・和歌山には親身になってくれる地元工務店・住宅会社がたくさんありますので、あなたの理想のお家をお気軽に相談してみてくださいね!


【記事作成/つー。】PROFILE:やんちゃ盛りの男の子のママ。我が家はどんな風にしようかな♪と、見てるとわくわくする記事を提供していけたらいいな~と思っています。 

No image

おすまみ編集部1

物件一覧

新築記事

注目タグ