メイン画像

DATA

DATA
敷地面積
366㎡(110坪)
1階床面積
76㎡(23坪)
2階床面積
45㎡(14坪)
延床面積
121㎡(37坪)
構造・工法
在来軸組民家型構法

心とカラダが気持ちいい、
無垢の木の家。

中村伸吾建築設計室/木の家工房 Mo-ku

設計事務所と丁寧に建てる
自由でクリエイティブな家

「暮らしが楽しい」と、開放的な木の家での毎日を語るご家族。
 一階に連なる木製の大きな窓はフルオープンでき、庭へ向かって一面をダイナミックに開け放てます。デッキでは、夏のバーベキューやプール。冬はスライスした野菜を並べて、たくさんの美味しい干し野菜を作りました。室内には、梁につるしたハンモックや手製ブランコ。木組みは見た目の迫力だけでなく、棒を渡して雨天の簡易物干しに使うなど実用にも大活躍です。
 リビングの木製雨戸は閉じても通風可能。外からの視線も遮れます。他の部屋のカーテンはお気入りを見つけてから……と考えていた、入居間もないある夜。二階寝室の布団から「キラッ」と星が瞬いて見えた。美しい流星群を眺めて眠ったりしている内、必要ないと感じはじめ、現在もカーテンはしないままだそうです。
 お買い物先で、ソーラー発電の営業をうけられたご夫妻。「電気代を教えてください」。伝えると、「そんなで済んでるんですか!?」と驚かれたといいます。年間で一番光熱費がかさむ真冬のことでした。朝と日が暮れてからつける石油ストーブ一台で、冬場の暖房はほぼまかなえてしまうのだそう。晴れていれば、昼間は日差しだけでも温かいという住まいの造りは、外断熱の通気工法。蓄熱・調湿・耐震には、数値検討に加え、素材と工法の工夫で充分備えました。
 大切にしたのは、生活スタイルに合った動線のデザイン。仕事や家族で楽しむ農業のことを考え、汚れて帰る時は玄関収納へ物を片付け、脱衣・浴室へ、リビングを通らず入れるように。
 オリジナルの木製キッチンや洗面台は、建築中も現場へ通い、シュミレーションを重ねて、細かいところまでこだわりを実現しました。
 世界に一軒だけの我が家には、のびのびと自由な空気が満ちていました。


こだわりいっぱい!おうちレポート

slide1.jpg
slide2.jpg
slide3.jpg
slide4.jpg
slide5.jpg
slide6.jpg
slide7.jpg
slide8.jpg

おうちづくりのポイント


地域がもつ個々の文化や伝統・風土などと、住まいとを切り離して考えることはできません。
「いかに気持ちよく、その人らしく、その土地らしく住まうか」が大切です。無垢の紀州材と土や石・紙など素朴な素材をつかいながら、それぞれの地域に根付いて家族と共に成長できる家づくり。世代を越えて住み継げる家づくりを目指しています。

point1.jpg

中村伸吾建築設計室
建築家:中村伸吾


point2.jpg
お問い合わせ
地図を見る

中村伸吾建築設計室

TEL.0739-24-3824

田辺市新万29-24

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜・祝日・月一土曜

完成見学会などイベント情報も公開中!!
詳しくは「木の家の建築家」で検索

木の家工房Mo-kuは、土曜・日曜に内覧見学可能。
和歌山市楠本239-8
TEL.073-464-5545