メイン画像

DATA

DATA
敷地面積
296.17㎡(89.6坪)
延床面積
124/20㎡(37.56坪)
1階床面積
75.35㎡(22.79坪)
2階床面積
48.85㎡(14.77坪)
工法
木造軸組工法

開放的な住まいと子ども達の笑顔が
家族の新たな1ページに

アンドホーム建築設計事務所

ユニークな敷地を生かしたオリジナルな個性派住宅
娘の入学を前に新築を考えたご夫婦が見つけたのは、細く長い、南北に奥行きのある個性的な敷地でした。土地探しと同時に行った工務店探しは、見学会で出会った小島社長の人柄が気に入り、他を見ることなく決着。設計に携わった中村さんは、特殊な敷地に「プランのしがいがある」と腕が鳴ったと言います。
要望は「おしゃれで個性的なスタイル」。それを受け、白い塗り壁の箱、黒いガルバリウムの箱、そして木の箱…いくつもの箱が重なり組み合わさったようなイメージのスタイリッシュな家が完成しました。
内装でこだわったのは「予算・収納・おもしろさ」。服や靴が大好きなご主人が熱望した大容量のウォークインクローゼット、奥様憧れのアイランドキッチンなどを取り入れ、玄関に面する階段の片側を抜け感のあるスケルトンにし、吹き抜けから光が入るよう設計。縦に長い動線も、子どもたちが走り回るには最高のロケーション。廊下もデッキもすっかり遊び場と化しています。ご夫婦が迷いがちな場面では、中村さんが背中を押す形で2人3脚で進んだ家づくり。
「まさに理想通り。インドア派なのにデッキと庭をつけたので(笑)庭でプールもいいですね」とご主人。家族の思い出がまた1つ生まれそうです。
 


img-mama_voice.png

実際にすごく個性的な設計をしてもらえて大満足です!

予算などで妥協が必要になる部分もあるけれど、建ってしまうとどうにもできない。しっかり密に話をすることが大事だと思います。その点、アンドホームさんは皆さん本当に話しやすく、図面や言葉でわかりにくい時には絵にしてくれて、確実にイメージできました。

voice.jpg
point3.jpg

 

こだわりいっぱい!おうちレポート

slide2.jpg
slide3.jpg
slide4.jpg
slide6.jpg
slide5.jpg

おうちづくりのポイント


家を知り尽くした設計士は、住む人のライフスタイルをきちんと把握、予測したうえでデザインできます。設計の段階で人間の動きのパターンや快適性まで計算できるのは、設計士の何よりの強みだといえます。アンドホームではメリット・デメリットをはっきりとお伝えし、一切妥協のない家づくりをしています。お客様の要望はもちろんお聞きしますが、最高の一軒を建てるため、こちらからの提案も行いつつ密な話し合いの上で決定させていきます。家は「作品」ではなく「お客様と一緒に作るもの」。形だけでなく、住みやすさ、光の入れ方、風の通り方、敷地に対して外構はどうとるか、緑を入れるか、など様々なことを考慮しながらもデザイン面の妥協はしません。その結果、たくさんのお客様からの喜びの声が届いています。
かっこいい家を建てたい、こだわりの家を建てたい方はぜひアンドホームへ。

point2.jpg
point1.jpg
お問い合わせ
地図を見る

アンドホーム建築設計事務所

TEL.073-472-7006

和歌山市岩橋1632-1

営業時間/10:00~19:00 定休日/水曜日  P/あり

建設業許可/和歌山県知事(般27)第10843号   宅地建物取引業免許番号/和歌山県知事(4)第3320号