メイン画像

DATA

DATA

A様邸

敷地面積
230.00㎡(69坪)
延床面積
130.00㎡(39坪)
1階床面積
76.2㎡(23.1坪)
2階床面積
53.82㎡(16.31坪)
工法
SE構法(重量木骨の家)

とことん話し合ったからこそ生まれた、心地よさ
木の「強さ」と「優しさ」を最大限に引き出した家

株式会社 浅井良工務店

何度も打合せを重ねて信頼関係を構築。予算内で実現した理想の家
やんちゃ盛りの男の子2人を子育て中のAさん夫婦は、「子どもがのびのび過ごせるように」との思いから、マンションから一戸建てに移ることを決意。
浅井良工務店を訪れたのは、奥様の友人が同社で施工したリノベーションが、「木の温もりを感じつつ、オシャレで良かった」こと。また、同社で施工した他のOBの意見を聞けたことも大きかったそう。「実際の住み心地など、建てた後の方が大事」と考えていたことから、建てた後も、浅井良工務店と施工主の関係が続いていることが分かり、同社に任せることに決めました。
理想の家のカタチがはっきり決まっていたAさんは、それを実現するべく、担当者と密な打合せを重ねます。希望していた「白壁に木が組み合わされた外観」は、担当者から「将来的なメンテナンスも考慮した上で」と別提案もあり、納得するまで話し合った結果、淡いブルーグレーの外観に。「第一希望は通らなかったけど、結果的には良かった」と満足気な様子のご主人。理想と現実のギャップをどう調整するかがポイントだったと話します。「何度も打合せをして要望を言ったけれど、嫌な顔一つせず、とことんつきあってくれたので信頼関係が生まれました。予算の関係もあるけれど、『妥協したくないところは妥協しない』というこちらの気持ちをくみ取ってくれたので、嬉しかったですね」


img-mama_voice.png

長い時間をかけて打合せや相談をするので、担当の方との関係性はとても重要です。

予算の関係上、出来ることや出来ないことはありますが、こちらの想いを汲んで、色々な提案で整えてくださったのは本当に感謝しています。妥協したくない所は一切妥協せず、こだわりを持ち続けることが満足いく家づくりのポイントです。

voice.jpg
intro1.jpg

何度もショールームに足を運んで決めた奥様お気に入りのキッチン。担当者からのアドバイスや、家づくりの先輩ママから使用感をヒヤリングして決めました。 リビングから続くデッキは、光と風が心地よいお気に入りの空間。

こだわりいっぱい!おうちレポート

slide1.jpg
slide2.jpg
slide3.jpg
slide4.jpg
slide5.jpg

おうちづくりのポイント


年月を経ても愛され続ける住まいづくりを目指して。私たちが考える家とは、お客様の新しいライフスタイルを実現する器だと考えています。その器は“丈夫”で“快適”で“美しい”ものでなければなりません。
時が過ぎて、子どもや孫に継承するときが来ても、資産として価値の高いものを提供したいと思っています。私達は建築のプロフェッショナルとして、その器を大地震に耐え、夏も冬も快適な暮らしを可能にする技術にもこだわっています。住まいへのニーズを熟知した設計士が、「光と風と熱」をテーマに、その土地で最も心地よく暮らせる“家”を一棟一棟デザインし、ご提案いたします。

point1.jpg
point2.jpg point3.jpg
お問い合わせ
地図を見る

株式会社 浅井良工務店

TEL.0120-460-249

和歌山市築港3丁目29番地の4

営業時間/9:00~18:00 P/3台

和歌山県知事許可(特-27)第8582号