メイン画像

季節ごとに、家が勝手に衣替えしてくれる。
家計にも、環境にもやさしい「呼吸する家」。

岸和田住宅株式会社

省エネでありながら、健康で快適な暮らしを実現
昭和53年の創業以来、ずっと「岸和田一筋」を貫いてきた岸和田住宅。工事についても、創業以来ずっと「直接施工」を貫いており、中間業者への余計なマージンは不要。コストダウンと共に質の高い家づくりを実現できます。
そんな同社のイチオシの家が、通気断熱WB工法で造られた「呼吸する家」。家の各所に設置された通気口が、気温の変化に応じて自動開閉し、季節に適した住環境を保ってくれます。たとえば夏は通気口を開放し、部屋の熱を放出。冬は壁の中の通気を止め、まるで家がセーターを着たようなぬくもりを保ちます。「つまり季節ごとに、家が勝手に衣替えしてくれるんです」と同社担当の横田さん。「冷暖房の使用頻度が抑えられるので、家計にやさしいと、子育て世代からも好評ですよ」。
さらに、シックハウス症候群の原因となる化学物質や湿気を透過する壁を採用。家族の健康や子どもの成長のためにも安心です。
この透過壁のヒントになったのが、日本の伝統的な家で使われていた「土壁」。吸湿性に優れた土壁のメリットを応用して、化学物質を湿気とともに壁から透過させる発想が生まれたのだとか。温故知新の考えから生まれた通気断熱WB工法は、国土交通省シックハウス対策法の第1号認定も取得。政府にも認められた健康住宅なのです。

DATA

DATA

久米田ラウレアタウンモデルハウス

土地面積/dt>
102.48㎡(31坪)
建物面積
97.71㎡(29.5坪)
構造・工法
通気断熱WB工法

img-voice.png

玄関から部屋に通され、殆ど新築の匂いがしないことにアレ?と思いました。

冷房のスイッチも入っていない、窓も開いていないのに少しカラッとして不思議な感覚。その説明を受けて納得しました。匂いと湿気を吸着し排気する空気清浄機のような家だったのです。また、蒸気をずっと出し続けなければ湿度70%を超えることはなく、カビが発生しにくいので、掃除が楽々!さらに、健康を保てる作りの家は主婦目線で見ても嬉しいことを兼ね備えた家だなと思いました。

voice.jpg

こだわりいっぱい!おうちレポート

slide1.jpg
slide2.jpg
slide3.jpg
slide4.jpg
slide5.jpg
slide6.jpg

おうちづくりのポイント


WB工法の家は、なぜ?からスタートすることがほとんどです。住む人の健康と地球の健康を考えて出来たこの工法は、古くから伝わる日本建築文化『土壁の原理』から、家全体が空気清浄の機能が発見されたことから始まります。WB工法は室内換気を使用せずに、健康を保証する工法認定を受け、これから注目されていくであろう最先端の家づくりです。岸和田住宅では、このWB工法で建てる家を提案し、省エネでありながら、健康で快適な暮らしを手に入れて欲しいと願っています。まずは自分達ができることから。地球に優しく環境の良い街を一緒に作りませんか?

point1.jpg
point2.jpg
お問い合わせ
地図を見る

岸和田住宅株式会社

TEL.0120-44-7379

岸和田市池尻町215-1

営業時間/9:00~18:00 定休日/水曜日 P/あり

大阪府宅地建物取引業協会正会員 宅地免許大阪府知事(9)第026237号 建設業登録(般-22)第66527号